斜里岳で沢歩き 犬と行く北海道の旅4

  201609041.jpg

じつは斜里岳はリベンジである。つまり以前敗退している。その時は、雨と川の増水のために行かれなかったのだが、今回も折からの台風でかなりの増水。
朝、清岳荘の管理人さんから 「その装備だとギリギリだね」 と釘を刺された。しかし、今回の装備は鉄壁のゴム長靴姿。これでもダメなのか? 「昨日は膝だったよ」と脅されるw ダメじゃん。

  201609040.jpg

旧道コース。
赤いテープに沿って歩くわけだが、まさに川のなか。初めは長靴で川を歩くことになれなかったが、歩いて行くうちに水の中を躊躇なくズブズブ歩くことが快感になっていった。まさに小学生の頃わざと歩いた水たまりの感覚。

  IMG_1297.jpg

いくつもの滝を見ながら歩く贅沢なコース。

  201609045.jpg

マイナスイオンだらけである。次から次へ滝が出てくる。もう一生分の滝を見た気がする。

  201609043a.jpg

気がつけば、こんな奥深い場所に。「山だな山だな」 と小躍りしたくなる。当たり前だが、山以外見えないし山しかない。

 201609044.jpg

頂上は晴れ渡っていた。

  201609042.jpg

分岐の上二股。帰りは、新道の熊見峠コースを行く。

  IMG_1392.jpg

今回熊には遭遇しなかったが、熊に遇ってもおかしくない野生の楽園といった風情の素敵な山だった。雄大な景色を斜里岳ありがとうと感慨に浸っている余裕はない。なぜならこれから高速を飛ばし、5時間かけてノエルを迎えに行かなければならないからだ。下りの後半に良人がぶよに両耳を喰いちぎられて血がだらだらというアクシデントもありのたいへん忙しい登山でした。
ノエルのお迎えの様子は次回です。

いつもありがとうございます。拍手ぽちっでノエル大喜び
もっと可愛いラブラドールに会いたい人は画像をぽちっ

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : レトリーバーと暮らす
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アンディちゃんパパさんへ

コメありがとうございます。

気分爽快でした。
何時間も川の中を歩くというのは、
ナカナカ経験できないのでたまにはいいかもしれません。

ただ、犬を連れてはちょっと難しい山かもしれませんね。
行っている方もいるので羨ましいですが、
飼い主と犬にスキルを求められますね。
ニコルくんならきっと大丈夫です。

ぷにゅママンさんへ

コメありがとうございます。

アメリカの山は憧れです。
ヨセミテとか長い時間かけゆっくり歩いてみたいです。
ノエルがいる限り無理ですがw

北海道の山の生き物は、餌付けなどされていないと思っていたので、
驚きでした。キタキツネ可愛かったです。
熊も遠目で、ちょっと見たかったですw

空ちゃんママさんへ

コメありがとうございます。

ご心配いただきありがとうございます。
熊の多い山なのでちょっと心配していました。
川は涼しく手気持ちよかったのですが、
やはり場所によっては流されそうな勢いでした。
自然は、いつも危険が隣り合わせですね。

爽快ですね~♪

こんばんは

あれだけの流れのある沢を歩くのは怖いけど爽快ですね(^^♪

北海道の山々はまた気分が違いますね~♪

No title

どこへ行ってしまったのかと思っていましたが、お山でしたね。
ノエルちゃんと船、いかがだってでしょうか?

山、雄大ですね。絶景で何とも言葉が出ません。こちらの山は全部茶色なんですよ、日本の山とはまるで違います。

狐さんとは会えたけど熊さんとは会えまでんでしたね。いいのか悪いのか・・・(;´・ω・)

ノエルちゃんとの再会、どうでしょーっ!

本当に本当に

熊に遭遇しなくて良かったです!
今どこでも熊出没するもんね…
遭遇したら、ノエルちゃん泣くところでした…
涼しそうな川…勢い良すぎですが…

ヒトリシズカ さんへ

コメありがとうございます。

臨場感あふれるコメントありがとうございます。
やっぱり山はいいですね。
ヒトリシズカさんなら斜里岳は簡単だと思います。
かなりオススメの山です。
日帰りで楽しみがいっぱいですよ。

美しい(*'‐'*)♪

続いては斜里岳ですかぁ(^∇^)
田中陽希さんの百名山一筆書きを思い出しちゃう♪
うらやましいです(*^-^*)
私は沢登りと雪山はやれないだろうなと思ってますが、
滝巡り、シャワー、楽しそう気持ち良さそう(≧∇≦)
山だな山だな♪の小躍り、すごく共感♪
そして、一緒にノエルちゃんの元へ駆け足気分(笑)
プロフィール

saboten books

Author:saboten books
ワンダフルドックスの保護犬だったメスの黒ラブ ノエルの里親に2014年12月のクリスマスの頃になりました。
ノエルの成長記録を物忘れの激しいお年頃の里親が、書いています。ただいま2歳。
ノエルは、仙人掌書林の看板犬です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ノエルを保護してくれた
Wonderful Dogs