「犬とわたしの10の約束」 を作ってみませんか?

  201602231.jpg

図書館で本を借りる。
背表紙で選ぶと、犬という字につい目がいってしまう。今回借りたのは『犬と私の10の約束』。かなり有名な本で、いまさら読むのか? と思ったが、まだ読んでいないので・・・すみません。

  201602239.jpg

ストーリーはともかく、題名でもある「犬と私の10の約束」が泣けてくる。
これは「犬の十戒」としてつとに有名で、犬好きでなくともどこかで目にした気がするようなもの。でも、これを本編が始まる前から読まされるわけだから、すでに感涙。ひたすら感涙。

  201602232.jpg

たぶんちゃんと読んでいなかったのは、マヌケな飼い主だけだろうけど一応ここに記述しておく。

1. 私と気長につきあってください。
(Give me time to understand what you want of me.)
2. 私を信じてください。それだけで私は幸せです。
(Place your trust in me. It's crucial to my well-being.)
3. 私にも心があることを忘れないでください。
(Be aware that however you treat me I'll never forget it.)
4. 言うことをきかないときは理由があります。
(Before you scold me for being lazy, ask yourself if something might be bothering me.)
5. 私にたくさん話しかけてください。人のことばは話せないけど、わかっています。
(Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I do understand your voice when it's speaking to me.)
6. 私をたたかないで。本気になったら私のほうが強いことを忘れないで。
(Remember before you hit me, I have teeth that could hurt you, but that I choose not to bite you.)
7. 私が年を取っても、仲良くしてください。
(Take care of me when I get old.)
8. 私は十年くらいしか生きられません。だからできるだけ私と一緒にいてください。
(My life is likely to last 10 to 15 years. Any separation from you will be painful for me.)
9. あなたには学校もあるし友だちもいます。でも私にはあなたしかいません。
(You have your work, your entertainment, and your friends. I have only you.)
10. 私が死ぬとき、お願いです、そばにいてください。どうか覚えていてください、私がずっとあなたを愛していたことを。
(Go with me on difficult journeys. Everything is easier for me if you are there. Remember I love you . . .)

  201602233.jpg

作者不詳の英文の詩がもとだそうだ。
これから、「ノエルとわたしの10の約束」を作ってみようと思う。

いつもありがとうございます。
読んだら2つぽちぽちっとしてね。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : レトリーバーと暮らす
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

モモさんへ

コメありがとうございます。

きつい時に犬の存在はありがたいです。
ワタシも両親の死がきっかけでノエルを迎えました。
いつもそっと寄り添ってくれる存在は温かく癒されます。
モモさんもたいへんな時期をソックスと乗り越えたんですね。
素敵な本と映画でした。
ノエルとの十戒もぼちぼち考えたいと思いますw
また遊びにきてくださいね。

はじめまして、犬と私の10の約束、ブログで検索してたら辿り着きました、この映画のDVDを持っています、付いてた冊子で犬の十戒も読みました。映画も十戒を読んだ時も号泣でした、実は私事ですがこの映画のDVDを観た頃、前の会社でパワハラに合い辞めて8カ月後に今の職場に復帰したんですがその背中を押してくれたのがソックスでした。あかりとの生活の中で絆、優しさ、愛情、たくさんの事を教わりましたま皆、約束の中で生きてる、一人じゃないんだと言う心をソックスから教わりました。
ノエルちゃん、写真、見させていただきましたが可愛いワンちゃんですね♪
ぜひノエルちゃんとの10の約束、見たいです♪またアップしていただけたら嬉しいです♪ノエルちゃんとの絆もきっと強いんだろうなぁとブログ読んでて思いました。
また、見に来ます(^-^)

アルちゃんままさんへ

コメありがとうございます。

今から「ノエルが死んだらボロボロになるね」と
良人に言われ倒されておりますw

アルちゃんままさんは、若くして旅立ちを見送った
ご経験もあり、さぞおつらかっただろうと…。
そういう方の言葉、深いですね。・゚・(ノ∀`)・゚・
一日一日ノエルと過ごせる喜びをかみしめて行こうと思います。

エルさんママさんへ

コメありがとうございます。

エルさんママさんすごい読書量ですね。
読みたい本がいっぱいです。
教えていただきありがとうございます。
エルさんママの犬愛を感じますね。

「虹の橋」も知らないうちは意味がわからず、
どんな橋なの?とマヌケなことを思っておりました(-_-;)
無知とは怖ろしいことです。

エルさんママさんのように、ノエルの思っていることをわかってあげられるようにがんばります。
(・∀・)

ひなりんさんへ

コメありがとうございます。

DVDでご覧になったんですね。
ひなりんさんも泣きましたかw
泣け泣けというようなストーリーですよね。
(*´∀`*)
犬が出てくるだけですでに反則技な気がしますww
かわいすぎますもんね。
本だけでなく映画も観ないとですね。

福かぁちゃんさんへ

コメありがとうございます。

やっぱり映画ご覧になったんですね。
これは断然観ないといけないですね。
クイールも未見です(-_-)

でも最近は「犬」という字を見ると反応してしまい
関係ない「負け犬の遠吠え」(婚期を逃した女子の本)とか、
まで間違って読んでしまったりしますw

福ちゃんは映画のお蔭で選ばれて、幸せな犬生を送っているんですね。
なんだかいろんなことが繋がっているようで感慨深いです。
福ちゃん万歳!(*´∀`*)

空ちゃんママさんへ

コメありがとうございます。

映画ご覧になったんですか?
わたしは、未見で残念です。
やっぱり泣けるんですね…。(-_-)

ノエルはほめなくても勝手に図に乗るタイプなので
ほめて伸ばすより怒ったほうがよさそうですねw
貴重なアドバイスありがとうございます。
また教えてください。

本当に短いんです・・・

わんこの一生。

10年なんて、あっという間です。
旅立たれて・・・
ああしておけばよかった、こうしておけばよかった
・・・と、たくさんの悔いが残りました。

今、一緒にいられる時間、
大切にしたいです。

信じ逢えれば

若い頃に、電車の中で足元に蹲る犬を見てビックリ、その後『三本足のサーブ』を読んで盲導犬の存在を知り、何時かラブを家族に迎えたいと...夢でした
子育てが終わり団地から転居して、やっと念願の夢を叶えました

皆さんと同じく、「クイール」も「ベルナ」も「犬との10の約束」も、映画や本で...「犬がいるからだいじょうぶ」障害犬タローの毎日」等、犬の本は、手当たり次第読み漁りました(笑)

中でも『マーリー」は、それまでのラブのイメージを打ち壊す衝撃的で、エルを迎えたばかりだったので、その内容と重ね合わせて、飼いきれるだろうか?と、将来に強い不安を抱いたのを思い出します
8年経った今振り返ると、泣きたくなるような出来事も、み~んな笑える良い思い出に変わってます
「犬の10戒」も、ネットから広まったと聞いてますが、「虹の橋」もネットで知り、先代犬を亡くした時とても心が癒されました

言葉を話せない犬との生活は、互いの愛情と信頼があれば大丈夫!
1年・2年と年を重ねるうちに、言葉ではなく行動で、互いの思っていることを理解できるようになり、良きパートナーに(*^∀^*)
ノエルママさんとノエルちゃん、すでにとても良い関係を築いていて、空ママさんの言うように、年齢と共に落ち着くでしょうね


No title

わたしはレンタルDVDで観ました

すっーーーーーーーーごい涙で次の日は目が腫れて外へ出られない状態を思い出しました。

ママさんのノエルちゃんの約束、楽しみにしていますね☆

犬の映画は必ず観ます

私も《10の約束》、映画で泣きました。
改めて文章で読んでも《10の約束》、涙腺がゆるみました。
空ちゃんママのようにクイールも観ました。
我が家に福を迎えたのも知人宅でラブ黒、茶、イエローが生まれたので貰ってくれないかとオファーがあったとき迷わずクイールの色に。いえ、もともと犬を飼う予定も無かったのにクイールの影響大でラブを迎えた次第。
アンディちゃんパパさんの《うちの犬がおしえてくれたことも》是非真似して読んでみます。


泣ける!

私は映画を見て次の日すんごく目が腫れるぐらい泣きましたよ!そこでゴールデンを飼おうかと思ったぐらい…しかーし、クイールを見てラブを選びましたわ!
ママさんとノエルちゃんとの10の約束…楽しみ!
そうそう!うちの主人のようにしなくてもノエルちゃんもだんだん落ち着いていくからね…怒るとこは怒って、そして今の子はほめて育てるって言うじゃないですか~
子供も同じだけど、ほめてもいーけど図に乗るから気をつけて下さいましよ!

アンディパパさんへ

コメありがとうございます。

『うちの犬が教えてくれたこと』ぜひ読んでみます。
教えていただき、ありがとうございます。
2匹を見送られたアンディちゃんパパさんだから
沁みる言葉もあるかと思います。
犬は言葉が話せないだけにこちらが察することが
必要かと思うとどんなシグナルも見落とせない気持ちになります。
ベテランの優しい飼い主さんに見守られてニコルちゃんは幸せですね。

よいことですよね

こんばんは。

ワンを亡くした後にあらためてこの約束をみると最後の章がつらいですね(-_-;)

うちは2匹とも見送れてよかったです(^^♪

「うちの犬が教えてくれたこと」という7つの実話も効きますよ。。。
ワンがシニアになって読むとつらいと嫁が泣いておりました(-_-;)。

ではまたヨロシクです
プロフィール

saboten books

Author:saboten books
ワンダフルドックスの保護犬だったメスの黒ラブ ノエルの里親に2014年12月のクリスマスの頃になりました。
ノエルの成長記録を物忘れの激しいお年頃の里親が、書いています。ただいま2歳。
ノエルは、仙人掌書林の看板犬です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ノエルを保護してくれた
Wonderful Dogs