木曽の御嶽山に修行に出た猫たち

  201602027.jpg

ノエルが保護犬だという話を聞いた女の人から声をかけられた。
最近、鴻巣に引っ越してきた方らしい。引っ越してまもなく、道を歩いていると猫が車に轢かれて苦しんでいたので、警察に届けてから病院で治療し、自宅に連れ帰ったそうだ。その猫の遺失物としての期限が切れたので、里親を捜していたのだ。いくつかの保護団体の連絡先をお教えしたが、あまりお役には立てなかった。
結局、フェイスブックで里親を探し、いまはトライアル中。保護団体ではなくても個人で十分活動できるわけで、便利な世の中だと思った。

  201602028.jpg

画像はお友だちの猫のまるちゃん。やはり保護猫で、動物病院の譲渡会で引きとった。
まるちゃんはまだ2歳だが、お友達の猫の中には20歳をこえた猫もザラ。そのうちの一匹、サリーちゃんが24歳になったある日、突然いなくなってしまった。家から出たことのない猫だったのに忽然と消えて、とうとう帰ってこなかった。飼い主さんの悲しみが深かったので 「猫は、ある程度の歳になると木曽の御嶽山で修行するらしい」 という話をすると驚いていた。でも、ほんの少しだけの気休めにはなりそうだ。

  201512301.jpg

昔から行方不明の猫は 「木曽の御嶽山に修行に出た」 といったそうだ。猫の修行の山は、ほかにも阿蘇の根子岳(猫岳と一時期表記)、福島の猫魔ケ岳などがある。ちなみに福島県末廣酒造の猫魔の雫(ねこまのしずく)純米吟醸無濾過生原酒 は美味しいです。
「これは関係ないなの」

いつも応援ありがとうございます。
ぽちぽちっとしていただけたらノエル大喜び。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : レトリーバーと暮らす
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

空ちゃんママさんへ

コメありがとうございます。

ほんとですね。
見送りたいですね。ずうっと待っていたり…。
飼い主にはつらいことかも知れませんね。

でも、犬も死に際を見せないとは知りませんでした。
なんだかかわいそうになりました。(; ;)

福かぁちゃんさんへ

コメありがとうございます。

福ちゃんは、とても幸せなラブちゃんだと思います。
福ちゃんママさんの愛が、いつも確かに伝わってきます。
素敵ですね。いつかノエルともそんな関係になりたいと思います。
そして、次回お会いできるのを楽しみにしております。
天気が良いことをいまからてるてる坊主にお願いしています。
よろしくお願いします。(*´∀`*)

犬や猫って亡くなるとき姿を見せないと聞いたことがありますよ。
近所の後一ヶ月で二十歳になるワンコちゃん、目も見えなく耳も聞こえなくなってるのに、最後の最後に飼い主さんから離れて、細い橋を渡って溝の中で亡くなっていたそう!
エー嫌だ!見送らせてほしいですよね…
御嶽山か…遠いな~

御嶽山 

今日は思わぬところでテヘッ(*^_^*)

猫ちゃんが木曾の御嶽山で修業とは知らなかっです。
霊験あらたかなお山なのですね。
若かりし頃、登ったことも下のほうでキャンプしたことも。
また冬にはスキーも。なつかしいお山です。
噴火は痛ましい出来事でした。

24年間もともに暮らした家族がいなくなるなんで・・・。
想像するだけで涙が出てきます。
今は福の召使いとなってしまった飼い主ですが、それもまた好しとするか(^_-)
プロフィール

saboten books

Author:saboten books
ワンダフルドックスの保護犬だったメスの黒ラブ ノエルの里親に2014年12月のクリスマスの頃になりました。
ノエルの成長記録を物忘れの激しいお年頃の里親が、書いています。ただいま2歳。
ノエルは、仙人掌書林の看板犬です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ノエルを保護してくれた
Wonderful Dogs