綱吉はただの“犬バカ”ではなかった?

  201512077.jpg

ノエル、終日お留守番。
帰ってくれば 「どこ行ってたななの!」

と怒りのエアパクを繰り返し、ひとしきり攻撃体制。

  201512073.jpg

まあすぐにお腹出すところがかわいいねぇ。 デレデレ・・・

最近つとに 「おノエル様」 が加速しているこの現状、なにかに似ているのでは? と浮かんだのは綱吉のお犬様。
犬公方として有名な綱吉は 「生類憐みの令」 なる悪法で庶民をいじめ抜いた悪い奴というイメージ。でも、ほんとうは 「命あるものを慈しむといった精神」 から来た法令なんだそうだ。

「徳川綱吉はただの“犬バカ”ではなかった。「生類憐みの令」が発布された本当の理由」

  201512072.jpg

動物愛護法を江戸時代に作るなんてすごいことだと思うけど、鰻やどじょうも食べられなくなったようなのでやっぱり行き過ぎと言われてもしょうがないかも。
「マヌケな飼い主はただの犬バカだけどね」

いつも応援ありがとうございます。
ぽちっとしていただけたらノエル大喜び。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : レトリーバーと暮らす
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

saboten books

Author:saboten books
ワンダフルドックスの保護犬だったメスの黒ラブ ノエルの里親に2014年12月のクリスマスの頃になりました。
ノエルの成長記録を物忘れの激しいお年頃の里親が、書いています。ただいま2歳。
ノエルは、仙人掌書林の看板犬です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ノエルを保護してくれた
Wonderful Dogs