シェルターで安楽死を待っていた犬が、世界中の動物たちを助けることに

  201511291.jpg

シェルターで安楽死を待っていた犬が、世界中の動物たちを助けることに

この記事から詳細はつかめないが、Jimmy Desmondさんと妻のJennyさんは、野生動物専門の獣医で動物保護活動家らしい。
殺処分目前の犬を保護し、プリンセスと名づけ、動物カウンセラーにしてしまった。
そしてプリンセスは、同じようにつらい目にあった世界中の動物の心のケアをして歩いているらしい。

  201511292.jpg

ノエルも、棄てられながら保護団体に助けられて、いまは心貧しき飼い主の心のケアをしてくれている。
規模は小さいが、貢献していることは確か!

  201511293.jpg

ノエルの場合、基本毎日寝て食べてばかりの生活なのだが・・・。癒されては、いるから不思議だあ。
今朝もうんPフミフミだったけど。(つω-`。)

ノエルが保護されたのは、まだ乳呑児のころだから、つらい時期はきっとプリンセスより短かったと思うけど、小さいながらママから引き離されてさびしい思いはしていたことだろう。でも、たくましすぎて今はまだ他の動物を癒したりはできそうにないし、逆に小さい動物は食べちゃいそうで怖いw

いつもありがとうございます。
読んだら2つぽちぽちっとしてね。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : レトリーバーと暮らす
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

saboten books

Author:saboten books
ワンダフルドックスの保護犬だったメスの黒ラブ ノエルの里親に2014年12月のクリスマスの頃になりました。
ノエルの成長記録を物忘れの激しいお年頃の里親が、書いています。ただいま2歳。
ノエルは、仙人掌書林の看板犬です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ノエルを保護してくれた
Wonderful Dogs