「ごめんねと謝りながら、骨を砕く」殺処分された犬のいのちをつなぐプロジェクト

  201511262.jpg

「『ごめんねと謝りながら、骨を砕く』  女子高生が、殺処分された犬のいのちをつなぐプロジェクト」 そういう記事を読んだ。
そして遅ればせながら、そういう取り組みがあることを知って考えさせられた。

  201511261.jpg

「いのちの花プロジェクト」 は、青森の動物愛護センターを農業高校の生徒たちが見学したときに、たくさんの犬や猫が殺処分されているという事実にショックを受け、少しでも生きたかったという動物の想いを、骨を花の土に還すことで、きれいな花として命を継いでほしいという願いからはじまったそうだ。

  201511268.jpg

お花はきれいだけど、骨を砕く作業を女子高生がやらなくてもいいように、そしてお花が一株も咲かない日が、はやくくればいい。

いつもありがとうございます。
読んだら2つぽちぽちっとしてね。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : レトリーバーと暮らす
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

夏至子さんへ

コメありがとうございます。

ほんとうにそうですね。
TISSちゃんにきちんと最期まで責任をとった
夏至子さんは偉いです。

人間の様々な事情で犠牲になる動物たち。
みんなはじめから捨てるつもりで飼うわけではないと思います。
誰でもそうなる可能性があるという言葉を肝にめいじたいと思います。

No title

とてもかなしくって、ことばがありません

そんなプロジェクトが無くなればいいな
プロフィール

saboten books

Author:saboten books
ワンダフルドックスの保護犬だったメスの黒ラブ ノエルの里親に2014年12月のクリスマスの頃になりました。
ノエルの成長記録を物忘れの激しいお年頃の里親が、書いています。ただいま2歳。
ノエルは、仙人掌書林の看板犬です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ノエルを保護してくれた
Wonderful Dogs