ブルーなノエル

  201906197.jpg

なにが気に入らないのか、不満タラタラのノエル。
「チッ」

  201506198.jpg

犬の気持ちわかりません的飼い主は「わかりたくもない!」「チッ」というわけで今日は無愛想な飼い主とノエル。

  201506195.jpg

お散歩のときもノエルがやたらとジャンプしてなにかを訴えてくるんだけど、まったくわからない。
どこをさわっても「気持ちいいよー」というのでどこか痛いわけでもなさそう。
まあノエルの場合、食べ物を見せればご機嫌になってしまうから一時的なことだけど・・・。
梅雨の鬱陶しさは犬も人間同様イヤなのか? 飼い主の鬱陶しい気分が伝わるだけなのか?
そういえば、「いつも不機嫌な人の犬は肩をおとしてあるき、人が近づきすぎると咬みつくなど、機嫌のわるい人そっくりにふるまうことがよくある。」と『犬と話そう』マイケル・フォックス著という本に書いてあった。
飼い主の気づかなかった感情まで犬はマネて教えてくれるそうだ。
犬って面白いね。

いつも応援ありがとうございます。
ぽちっとしていただけたらノエル大喜び。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : レトリーバーと暮らす
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

saboten books

Author:saboten books
ワンダフルドックスの保護犬だったメスの黒ラブ ノエルの里親に2014年12月のクリスマスの頃になりました。
ノエルの成長記録を物忘れの激しいお年頃の里親が、書いています。ただいま2歳。
ノエルは、仙人掌書林の看板犬です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ノエルを保護してくれた
Wonderful Dogs